派遣状況の報告

 「平成28年熊本地震」長岡災害支援バックアップセンターでは、長岡市職員の熊本市への派遣と連携しながら、行政と民間のそれぞれの強みを発揮しながら「官民協働」による支援活動を行っています。

 長岡災害支援バックアップセンターからは、第6陣までの派遣で15名を派遣してきました。5月末で第一段階の派遣を終了しました。

 現在、旧山古志村の被害状況に類似した西原村の復旧、復興、集落再生の支援を継続的に実施しています。

Ⅰ 避難所支援

第1陣 平成28年4月23日から4月29日(6泊7日)4名派遣

 熊本市東区の桜木中学校避難所において、他のボランティア団体と連携し避難所運営を軌道に乗せるための支援、合わせて被災者の心のケアやコミュニティづくりなどを実施。

第2陣 平成28年4月24日から4月27日(3泊4日)1名派遣

 熊本市内の熊本市国際交流会館を拠点に英語、中国語、韓国語に翻訳した支援情報の発信など避難所で生活する外国人の支援。

第3陣 平成28年4月28日から5月4日(6泊7日)1名派遣

 熊本市内の子育て支援センター、助産院、保育所、教育委員会などをまわり中越地震の経験をまとめた冊子等を渡しながら子育て世代の被災者支援を実施。

第4陣 平成28年5月4日から5月10日(6泊7日)3名派遣

 熊本市の避難所統合のため中央区の総合体育館に中央区と東区の避難者300名の受入れ準備、避難所運営の体制整備を長岡市は県職員と共に中心的役割を果たしてきた。

第5陣 平成28年5月13日から5月20日(7泊8日)3名派遣

 熊本市東区から中央区に支援対象区域を変更し、長岡市からの派遣職員と共に避難所運営、避難者の心のケアを支援。

第6陣  平成28年5月13日から5月20日(7泊8日)3名派遣

 中央区に設置された女性専用避難所と要介護者や低所得者の避難所の運営支援。

 

Ⅱ 集落再生

 旧山古志村の被害状況に類似した西原村の復旧、復興、集落再生の支援のため継続的に長期支援を行う。

第1派遣 平成28年5月16日から5月23日(7泊8日)1名派遣

第2派遣 平成28年5月28日から6月6日(9泊10日)1名派遣

 ※第2派遣以降も継続して支援の予定。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

外国人避難者支援(様子)

④避難所運営支援

避難所運営支援

5月19日  案内

茶話会(案内)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA