熊本地震被災地での活動2日目(第2陣)

【熊本地震被災地での活動2日目】
 
熊本支援、2日目スタート!
現在は玉名市にある蓮華院誕生寺さんに宿泊させていただいています。ここでは「れんげ国際ボランティア会」「SVA」「被災地NGO協働センター」さんが朝から炊き出しの準備をしていて、我々も微力ながらお手伝いすることから朝が始まりました。
 
16日から毎日、多いときは700食の炊き出しを準備され、熊本市内に運ばれています。誕生寺のご近所に住む70代のお母さんも、朝5時半頃には自転車で来られて毎日お手伝いされているそうでしたー。
これから市内の避難所やボランティアセンターを回ります!
 
13100849_10205230193987938_1256995048322496177_n
 
お家の倒壊など被災の状態は、市内よりも報道でも多く出ている、益城町、西原村、南阿蘇村などの方が大きいです。震度6と震度7の差がリアルに感じられます。
 
13043208_10205230194267945_7597216431066970637_n
 
備えていても、想像以上のことが突然起こるのが震災です。その中でも、大切なものが少しでも多く守れるように、ご自身の身の回りのことを備えておいていただきたいなと思いました.。

—-
市内は大渋滞です!
タクシーの運転手さんの船頭にて、裏道、裏道で進んでも、非常に移動に時間がかかりましたー。

午前中は中越の震災でも、一緒に活動してくれた「SeRV」さんとの情報共有。
現在は、施設が避難所にもなっていますが、今後の寄り添い支援についてのお話もさせていただきました❗

午後からは2ヶ所の避難所を回らせていただきました。
どちらも住民自治がしっかりしていて、避難所となった学校の先生たちも頑張られています。
しかも高校生や中学生の若い力がキラキラと輝いていました!
写真のような掲示があったりして、見ている私たちも嬉しくなりました。

しかしながら、学校が始まる時期になったり、仕事が始まったり、避難所も変化の時が来ています!

13083378_10205230196548002_6962961461155213497_n

写真は避難所のボランティアリーダーの高校3年生です。
受付でステキな笑顔で迎えてくれました。
頑張ってくれてる彼らが安心して過ごせるよう、勉強も頑張れるよう、避難所の体制を整えるお手伝いが出来たらいいなぁと思います!

 
【支援金のお願い】
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA